法人カードの発行期間は?

■ポイントがたまりやすいおすすめ法人カード

法人カードを使うとポイントがたまりお得です。
還元率が高くポイントがたまりやすい法人カードを選ぶのがおすすめです。

・法人カードのポイント還元率は高くない
個人向けだと1.0%以上の還元率となるクレジットカードは結構あります。
1.5%といった高還元率のクレジットカードもありますね。
しかし法人カードになると、非常に少なくなってしまいます。
法人カードの還元率は、ほとんどが0.5%です。
0.5%以上になれば、ポイントがたまりやすくおすすめの法人カードとなるでしょう。
あまり高還元率にこだわってしまうと、発行したい法人カードがない…となってしまう可能性がありますので注意してください。

・ポイントの使い道を確認するのがおすすめ
ポイントの使い道は、法人カードにより異なります。
ポイントの使い道に困らない、法人カードを選ぶのがおすすめです。
たとえばANAマイルがたまる法人カードを発行しても、ANAでまったくフライトをしない…となると、使う機会がないですよね。
せっかく法人カードでポイントをためても、意味がなくなってしまいます。

・楽天ビジネスカード
楽天プレミアムカード(年会費10,000円+税)で、追加発行するのが楽天ビジネスカード(年会費2,000円+税)です。
基本的に100円に1ポイントがたまり、還元率は1.0%あります。
0.5%の法人カードが多い中、1.0%というのはかなり高くおすすめと言えるでしょう。
楽天市場での利用はポイント4倍となり、還元率は4.0%と驚異的な高さになります。
たまったポイントは楽天市場、楽天ブックスなどで使えます。
楽天トラベルでも使えますので、出張旅費に充てるのがおすすめでしょう。
また街中の楽天スーパーポイント加盟店でも利用が可能です。

・EX Gold for Biz iD×QUICPay
年会費は2,000円(税別)。
基本的に1,000円に1ポイントがたまり、還元率は0.5%となります。
ただEX Gold for Biz iDは、20%のポイント加算があります。
還元率は0.6%にアップし、ポイントをためやすくおすすめです。
さらに年間利用金額によりポイントがアップし、年間200万円以上の利用では1.1%の還元率になります。
法人カードの利用金額が高いなら、よりポイントをためやすくおすすめです。
またiDとQUICPayがダブルで搭載されているので、少額利用でもポイントをためやすい法人カードです。

■マイルがたまるおすすめ法人カード

飛行機での出張が多いなら、マイルがたまる法人カードがおすすめです。
フライトでマイルをため、さらに法人カードを使いマイルをため、たまったマイルは出張旅費に充てましょう。
出張旅費の削減となりおすすめです。

・航空会社発行の法人カードはおすすめ?
マイルがたまるといえば、航空会社発行のクレジットカードというイメージがあります。
フライトでボーナスマイルがたまり、ショッピングでもマイルをためることができ、マイルを貯めたいならおすすめです。
しかしこれは、個人向けのクレジットカードでの話となります。
法人カードはちょっと違っているのです。
JALカードはフライトではマイルを貯められますが、ショッピングマイルはたまりません。
陸マイラーにとっては痛いですね。
ANAカードはショッピングでたまったポイントを、マイルに移行できるのはJCBとダイナースブランドのみとなります。
VISAとマスターカードは、マイルへの移行ができないのです。
そのため法人カードの場合は、必ずしもANAカードやJALカードがおすすめとはならないと言えるでしょう。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
JALマイルをためるのにおすすめな法人カードです。
基本的には1,000円に1永久不滅ポイントがたまりますが、セゾンマイルクラブに登録をすると直接JALマイルがたまるようになりますす。
1,000円に10マイルがたまるので、この時点で還元率は1.0%です。
そしてマイルとは別に2,000円ごとに1永久不滅ポイントもたまります。
永久不滅ポイントをJALマイルに交換すれば、還元率は1.125%になります。
JALマイルが一番たまる法人カードとなりおすすめです。
年会費は20,000円(税別)、前年度に200万円以上利用すると半額の10,000円になります。

・楽天ビジネスカード
ANAマイルをためるのにおすすめの法人カードです。
楽天スーパーポイントは、2ポイント→1マイルへの移行が可能です。
楽天ビジネスカードの還元率は1.0%なので、ANAマイルの還元率は0.5%となります。
楽天市場での利用分はポイント4倍になるので、ANAマイルの還元率は2.0%になりますね。
移行手数料は無料ですし、ANAマイルがたまりやすくおすすめの法人カードなのです。
年会費は楽天プレミアムカード10,000円+税、楽天ビジネスカード2,000円+税となり、合計12,000円+税となります。

■ETCカード発行におすすめ法人カード

法人カードでETCカードを発行することは多いです。
個人のETCカードを使うと、プライベートとビジネスの経費の区別が付きにくくなります。
ETCカードも法人カードで発行するのがおすすめです。

・年会費をチェック!
ETCカードは、年会費が設定されています。
必ずチェックをしましょう。
おすすめなのは年会費無料のETCカードです。
法人カードではETCカードを複数枚発行することがありますから、年会費が有料だと負担が大きくなってしまうためです。
500円の年会費でも10枚発行すれば、5,000円の年会費がかかることになりますからね。

・発行手数料をチェック!
ETCカードを発行するさいに、忘れがちなのが発行手数料の有無です。
新規発行時に発行手数料が有料の法人カードはまずありません。
そのせいかどのETCカードも無料で発行できると、思っているケースが多いのです。
ETCカードの発行手数料は、1,000円が相場となっているようです。
発行手数料が無料のETCカードがおすすめです。

・法人カードの還元率をチェック!
ETCカードの利用分は、法人カードの利用分として換算されます。
ETCカードでポイントをためやすくなるので、還元率が高い法人カードを選ぶのがおすすめです。

・何枚発行できるかをチェック!
ETCカードの発行枚数が制限されている法人かーどがあります。
必要な枚数を発行できない…とならないように、事前にチェックをしておくのがおすすめです。
ETCカードの発行は1枚のみ!といった法人カードもあるので注意をしてください。

・EX Gold for Biz iD×QUICPay
ポイント還元率は0.6%となり、ETCカード利用分でもポイントをためやすくおすすめの法人カードです。
年間利用金額によっては、還元率を1.1%まで上げることが可能なのもお得です。
ETCカードは年会費無料、発行手数料無料。
EX Gold for Biz iD×QUICPayの年会費2,000円(税別)を負担するだけでOKです。

・JCB法人カード一般
JCB法人カードのETCカードは、基本的に0.5%のポイントを獲得できます。
そして1枚の法人カードに対して、複数枚のETCカードを発行できるのが特徴です。
ETCカードを複数枚発行したいなら、おすすめの法人カードです。
ETCカードの年会費は無料、発行手数料も無料。
何枚発行しても、JCB法人カード一般の年会費1,250円(税別)を支払うだけですみます。

■プライオリティパス付帯のおすすめ法人カード

空港ラウンジ利用サービスが付帯する法人カードは少なくありません。
出張で空港をよく利用するなら、おすすめの法人カードでしょう。
ただ法人カードに付帯する空港ラウンジ無料利用サービスは、国内空港が対象となります。
韓国やハワイなど一部の海外空港のラウンジを使えることもありますが、海外空港ラウンジはほとんどが有料利用となってしまいます。
海外空港のラウンジも無料で利用したいなら、プライオリティパス付帯の法人カードがおすすめです。

・プライオリティパスとは?
世界100か国以上、600以上の空港ラウンジを利用できるのが、プライオリティパスです。
通常は有料ですがプライオリティパスがあることで、無料で利用ができるようになります。
海外の空港ラウンジは充実しており、休憩をするだけでなく軽食が用意されているところもあります。
朝、昼、夜でメニューが変わるなど、食事目的でラウンジを利用することも可能です。
海外空港を利用するなら、あるとおすすめのサービスです。
出張で世界中を飛び回る…というなら、必携ではないでしょうか。

・付帯する法人カードは少ない
プライオリティパスが付帯する法人カードは、それほど多くはありません。
プラチナカードなどグレードが高い法人カードのサービスとなるためです。
どの法人カードでも使えるサービスではないのです。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンカードとアメックスが提携発行しているプラチナクラスの法人カードです。
プライオリティパスもしっかり付帯するのでおすすめです。
プラチナの法人カードになると、年会費は30,000円程度になるのが普通です。
しかしセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、20,000円(税別)と年会費が低いのが特徴です。
しかも年間200万円以上使えば、翌年度は半額の10,000円(税別)での使用が可能です。
この年会費でプライオリティパスが付帯するのは、コスパが高くおすすめです。

・楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカードを追加発行する楽天プレミアムカードは、プライオリティパスが付帯するのでおすすめです。
年会費は楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードの合計で、12,000円(税別)。
プラチナクラスではなく年会費もお手ごろな法人カードなのですが、プライオリティパスが付帯するのはスゴイことだと言えるでしょう。
こちらもコスパが高い法人カードでおすすめです。

■ガソリン系おすすめ法人カード

車を使うなら、ガソリン価格がお得になる法人カードがおすすめです。
法人カードを使うことにより給油価格が安くなれば、その分だけ経費を削減できます。
法人カードにより燃料代が経費に占める割合を低くすることができるでしょう。

・価格固定タイプ
ガソリンスタンドと直接契約をする法人カードです。
1リットルあたりの価格が固定されているので、経費の計算がしやすくなるメリットがあるのでおすすめです。
ガソリン代は時期により変動があります。
上がるか下がるかの予想はしにくく、ガソリン代により予算を組みなおさなければならない場合もあるでしょう。
固定タイプの法人カードなら、予算を組みやすくおすすめです。

・価格変動タイプ
店頭価格から値引きとなるタイプの法人カードです。
店頭価格から○円引きとなるため、時期により給油価格は異なります。
しかし普通に給油をするよりお得ですので、経費の削減はできるのでおすすめです。

・給油するスタンドはどこか?
ガソリン系の法人カードは、特定のスタンドでお得になるものがほとんどです。
利用頻度が低いスタンドでお得になる法人カードをつかっても、大きな経費の削減にはならないでしょう。
普段の利用頻度が高いスタンドで、割り引きがある法人カードを発行するのがおすすめです。
給油するスタンドが決まっていない…というなら、近所にあるところなどに絞るのがおすすめです。

・シナジーJCB法人カード
エッソ・モービル・ゼネラルで、最大7円引きになる法人カードです。
値引き額は前月の利用金額により決まります。
最大7円引きを受けるには、月間70,000円以上の利用が必要です。
普通に法人カードを使っていればそれほど難しい金額ではないでしょう。
大きな値引きを受けられる可能性が高くおすすめです。
年会費は初年度無料、翌年度より2,000円(税別)。
追加カードの年会費も1枚2,000円(税別)となります。

・シェルビジネスカード
全国の昭和シェル石油なら、店頭価格で給油ができる法人カードです。
そして月間利用金額により、キャッシュバックがあるのでおすすめです。
最大では3.0%がキャッシュバックされるので、使えば使うほどお得になる法人カードでしょう。
年会費は1,250円(税別)、追加カードも1枚あたり1,250円(税別)の年会費となります。

ガソリン系の法人カードの発行を考えるなら、ETCカードも必要かと思われます。
どちらの法人カードも、ETCカードは年会費・発行手数料とも無料でおすすめです。