法人カードについて詳しくなろう!

■法人カードの活用方法

人気が高まっている法人カードですが具体的にはどのようなことに活用すれば良いのでしょうか。イマイチ法人カードを利用することの具体例が見えていないことも多いのでは無いでしょうか。今回はどのような場面で法人カードを利用すれば良いのかを私なりにご説明してみます。

■そもそも法人カードを利用する意味
まずは簡単に法人カードを利用する意味をご説明しましょう。法人カードを利用するのは個人での支払いと会社での支払いを分けることが主な目的としてあります。会社のお金は私的に利用することができません。しかしながら現金建て替えを利用しながら決算をしていると私的な利用が入っていないか確認するのに経理的な時間が取られてしまいます。これを解消するために法人カードを利用する意味があり、まとめると会社に関わる支払い全般に利用することが基本となっています。

■経費・調達の支払いに利用する
最近では小売業などへの調達は会社間であってもクレジットカードでの支払いに対応していることが増えてきています。つまり会社で導入する備品や消耗品の調達に関しても法人カードを利用できるようになってきている訳ですね。また家賃や光熱費に関しても法人カードでの支払いに対応していることが多くなってきています。大手の電力会社などはクレジットカード決算に対応していますし、携帯電話などの通信費もクレジットカード支払いに対応していることが多いですので法人カードを活用することで支払いを簡略化出来るでしょう。

■出張旅費の精算に利用する
物品の購入ではなくサービスの利用についても法人カードが活用できることが多々あります。特に法人カードを利用してもらいたいのは出張旅費の精算でしょう。出張旅費の精算に法人カードを利用することによって現地での建て替えが不要になったり、チェックインが簡略化出来るなど会社にとって利用価値が高いものとなります。新幹線に関しては法人カードと連携させることによってWebからの予約に対応することができたりしますし、自動車ではETCカードと連携させることによって決算の簡略化をすすめることができたりもします。

■ポイントを活用する
意外と見落とされていますが法人カードであってもポイントが貯まるものが増えています。ポイントはものによりますが従業員の法人カードが支給されていても本カードに集まることが多く、会社の経費削減に活用することができます。ポイントの貯まらない法人カードもありますが、ポイントが貯まるタイプであれば法人のように大きな金額を決算することで大きな経費の削減を見込むことが可能になるでしょう。

■起業後に法人カードが欲しいときは

起業すると同時に手元に置いておきたいのが法人カードです。何かと出費が多くなってしまう起業時はクレジットカードを上手く利用してでもキャッシュフローを上手く回しておきたいものだと予想されます。しかしながら法人カードを作成するためにはある程度の会社としての実績が必要となるなど起業後すぐに作成することは難しいことが多くなっていました。それ以前に法人カードとして利用する法人用口座も作成するのが難しかったのですね。

しかし、時代は変わっており今では起業後数ヶ月でも作成できるような法人カードが少ないながらも徐々に提供されるようになってきています。それだけ法人カードの必要性が世の中的に認知されてきたということだと思われます。ただ、いくら起業後すぐに法人カードが作成できるようになってきているとは言えども注意すべきことはいくつかありますので以下にご紹介しましょう。

基本的には会社としての実態を示すことです。法人カードもクレジットカードですので個人向けのものと同様に実態の無い会社に対しては発行を渋る傾向があります。いくら正当な会社であったとしてもクレジットカード会社からすれば詐欺などに悪用されてしまっては社会的な信用問題に繋がりかねません。そういったこともあり実態の無い会社に対してはなかなか審査を通してくれないのですね。
法人カードの審査に通過するためにしておきたいこととして次のようなことがあります。
・電話番号は固定電話で申し込みをする
・登記先はバーチャルオフィスなどではなく実態のあるオフィスを利用する
大きく分けてポイントはこの2点です。まず固定電話についてですがこれは実態のあるオフィスを利用することにもつながっています。固定電話を引くためには何かしらの事務所を借りている必要があります。事務所を借りるためには諸々の手続きがあり、貸す側も違法なことに利用される可能性は無いか最低限の確認は済ませていることがあります。その点も踏まえると固定電話を利用していることで事務所の実態を示すこともできますし、信頼感も増すようになります。

これに加えて可能であれば会社の事業内容を説明したり証明できるものも用意しておければ良いでしょう。例えばWebサイトを最新のものにして事業内容をアピールしたり、事業内容を紹介するためにパンフレットがあればこれを同梱して審査時に送付することですね。客観的に事業が行われていることが確認できれば起業後でも法人カードが作りやすくなります。

■法人カードのメリットはどこか

最近人気の高いクレジットカードといえば法人が利用することを想定して作られている法人カードでしょう。なんとなく法人カードを利用すればメリットがあるような紹介がされていますが具体的にどのようなメリットがあるのかを判断できなければ導入も難しいのも事実でしょう。今回はそんな法人カードを利用することによって得られるメリットをご紹介していきましょう。

■経費の処理が簡単になる
会社を経営していく上で非常に手間になる部分といえば経費の処理でしょう。日々の備品購入にも様々な支払いが必要ですしお客様と食事に行くなどの経費も発生する可能性があります。これらの支払いに対して現金で一度建て替えてからその妥当性を評価して会社から現金を支払うということを繰り替えしていては非常に時間の無駄が多くなってしまいます。利用した人も経費の処理をする部門も総合的に損をしてしまいますよね。
そこで有効活用できるのが法人カードです。法人カードを利用することによって今までは紙などでやり取りしていた部分の大半は電子帳票として利用することが可能となります。入力などの業務が簡略化されますので業務が効率化となるはずですね。また、最近はクレジットカードを利用して支払えるものも増えてきました。毎月の支払いが必要となる家賃や通信費、光熱費なども法人カードでの支払いとしておけば経費に計上することを忘れなくなりますのでおすすめです。
無駄な時間を経費の処理に使わなくて済むことが法人カード一番のメリットでしょう。

■法人カードの付帯サービスを活用する
法人カードに付帯されているサービスというのは様々ありますが、一つ法人カードユーザのかたに人気なものとしてETCカードがあります。交通費の精算というのは上記でも紹介しましたように何かしらの証票が必要となるなど手続きが煩雑になりやすいものの一つです。特に車を利用しての営業が多いような会社であれば、いちいち個人が高速道路料金を建て替えていてはキリがないでしょう。
しかし、法人カードと連携させたETCカードを利用することによってこのような手間からは開放されることになります。今回の例はあくまでも一つのメリットではありますが、法人カードの付帯サービスを利用すれば経費精算がさらに簡略化される可能性もあり嬉しいものでしょう。
もちろん、法人カードであってもグレードの高いものであればホテルの優待サービスなどが受けられるものもありますしこういったメリットも忘れてはいけません。

■年会費無料の法人カード

基本的には日本で発行されている法人カードには年会費が発生してしまいます。理由としては簡単であり法人カードはそれなりに需要と共有が保たれており、年会費を無料にしてまで会員を獲得する意味があまり無いからです。個人向けのクレジットカードは供給のほうが多くなっていますので、他のクレジットカードよりも魅力的なものとするために年会費無料に設定されていることが多いのですね。

ただ、相場としては年会費が有料のものが多いのですが中には年会費無料や条件付ではあっても年会費が無料になるような法人カードも発行されています。今回は年会費無料で利用できるお得な法人カードを数少ないながらもご紹介します。

■ライフカードビジネス
年会費無料の法人カードとして非常に優秀なものがこちらです。ライフカードシリーズは一般カード・学生専用クレジットカードのどちらも人気が高いのですが、この法人カードについても高い性能を誇るものとなっています。
メリットとしては年会費が無料であることはもちろんのこと、自動車での移動が多い法人に嬉しいETCカードの発行にも年会費無料で対応していることです。法人カードは、クレジットカードとしても年会費が必要でありETCカードについても年会費が必要なものが大半なのですがライフカードビジネスはどちらも無料です。なるべく維持にお金を掛けたくないような場合にはこちらを利用することをおすすめしたいです。

■コーナンPRO Businessカード
こちらはコーナンを利用する場合におすすめしたい法人カードではありますが、年会費無料のものを持ちたいのであれば利用する価値はあるでしょう。本人カードだけではなく従業員向けのクレジットカードも年会費無料となっているため、中小企業で複数人が法人カードを利用したい場合にも維持費を気にせずに利用することが可能です。
基本的な法人カードとしての特典はコーナンPROを利用することを前提として用意されていますので、こちらをあまり利用する機会が無いのであれば年会費無料という面以外はあまりおトクさを感じられないかもしれませんが、会社を設立してすぐなどに維持費を抑えて持ちたいのであれば十分でしょう。

年会費無料の法人カードはポイントシステムが用意されていないなど長期で見るとデメリットとなる可能性も含まれています。ひとまず費用を抑えたいときは年会費無料のものを利用し、その後は年会費が必要となってでも法人向けサービスの多い法人カードに切り替えることも考えるべきでしょう。

■おすすめの法人カード JCB法人カード

法人カードのおすすめは色々ありますがこちらのJCB法人カード(一般カード)は小規模な会社から従業員が100人の大台を超えるような会社まで対応してくれるすぐれものとなっています。まず発行しているのがJCBということであり、プロパーカードの法人カードは社会的な信用度合いも高いというのが嬉しい特典でもあるでしょう。

基本的な性能としてはJCBが個人向けに発行している一般カードと同様のものとなっています。年会費は初年度無料ですし、それ以降も1250円と一般カードと同様の設定になっています。法人カードは年会費が必要なものが大半であり少し割高に感じることも多いのですが、一般カードと同様の価格に設定されていると気持ち安く感じることが出来るでしょう。法人用のETCカードも枚数無制限で発行することが出来ますので営業で自動車を利用する会社にとっては嬉しいものとなっています。ただ、ETCカードに関しては法人カードと一体型になっているものも存在しています。社員それぞれに法人カードとETCカードを持たせるような場合には2枚管理しもらう必要が出てしまいますので、このような場合には一体型になっている「ETC一体型JCB法人カード」を利用することをおすすめしています。

ポイントの還元率に関しても一般カードと同様に基本は0.5%に設定されています。法人カードであっても入会時のキャンペーンなどは積極的に行われていますので、入会と同時に数千円相当のポイントが付与されることも少なくは無いでしょう。法人カードはポイントが還元されないものありますので、0.5%であっても高い還元率の部類に入ると考えられます。JCB法人カードは追加カードの発行に多く対応していますのでちょっとしたポイント還元率の差であっても大きな金額を決算することでポイント獲得量は大きな差になってしまうことが考えられます。法人カードといってもこのポイントはあなどれないものですのでしっかりと貯まるものを利用したいですね。

JCB法人カード(一般カード)は個人事業主でも申込みが可能な法人カードということでも人気があります。このようなプロパーカードの法人カードはなんとなく個人事業主では審査が通りにくいような印象を持っている人も多いようです。確かに信頼感のあるプロパーカードですので審査は厳しい部分もありますが、個人事業主だから通らないということではありません。そもそも個人事業主の場合は法人としてではなく代表者が審査を受けることになりますのでそちらのクレヒスなどに問題が無ければ大丈夫なのです。