年会費無料の法人カードと、その他のおすすめ法人カード

■年会費無料おすすめ法人カード

経費の支払いに、欠かせないのが法人カードです。
ただ年会費が高くて…という声も少なくはありません。
法人カードは年会費無料が少なく、ある程度の年会費負担は覚悟しなければならないでしょう。
しかし法人カードの中にも、年会費無料のクレジットカードはあります。
法人カードに経費をかけたくないなら、年会費無料がおすすめです。

・追加カードも年会費無料がおすすめ
法人カードでは社員に持たせる追加カードや、ETCカードを発行することがあります。
本カードだけでなく、追加発行するカードの年会費もチェックをしておくのがおすすめです。
おすすめ度が高いのは、追加カードもETCカードも年会費無料となる法人カードです。
年会費の心配をすることなく、法人カードと発行、利用することができます。

・サービスはイマイチ
年会費無料の法人カードはおすすめではあるのですが、サービスの面では劣るものが多いです。
どのようなサービスが付帯しているか、確認をしておくのがおすすめです。
年会費無料法人カードは、ポイント付与がなかったり、ポイント還元率が低い場合もあります。
法人カードでポイントをためたいときは、おすすめではなくなってしまいます。

・ステータスはない
年会費無料法人カードは、ステータスがないのがデメリットと言えます。
ステータスを気にしない方におすすめです。

年会費無料おすすめ法人カード

・ライフカードビジネス
年会費は永年無料。
発行枚数制限なしの追加カードも年会費無料です。
100枚発行したとしても、全く年会費はかからないことになります。
またETCカードも年会費無料で、発行手数料も無料です。

ライフカードビジネスは年会費無料なのは嬉しいのですが、ポイント付与はありません。
いくら使っても、ポイントをためることはできないのです。
ポイントをためたり使ったりするのはめんどうくさいならおすすめなのですが、ポイントでお得をしたいならおすすめの法人カードにはならないでしょう。

・ビジネクスト法人クレジットカード
ビジネスローンを提供するビジネクストが発行する法人カードです。
年会費は永年無料。
追加カードは50枚まで発行でき、年会費無料です。
さらにETCカードも年会費無料で、発行手数料も無料です。

ビジネクスト法人クレジットカードは、2,000円ごとに1.0ポイントがたまります。
還元率は0.25%と、低めなのがちょっと悲しいですね。
全くポイントがたまらないよりはマシ…という感じの法人カードでしょう。

■年会費無料法人カードはステータスが低い

法人カードにステータスを求めるケースは多いです。
法人カードは、その会社を表すもの。
ステータスが高い法人カードを発行できれば、社会的に信用されている証拠にもなります。
商談などでステータスの高い法人カードを使っていると、この会社となら取引をしても大丈夫と思われます。
結果会社の利益につながる…というわけです。

しかし年会費無料の法人カードは、ステータス性は期待できません。
年会費無料のビジネクスト法人カードは、ビジネスローンを展開している業者です。
そんなところが発行している法人カードを使っていると、資金繰りが大変なのか?こんな法人カードしか発行できないのか?などと思われる可能性があります。
実際は健全な経営をしており業績が良くても、法人カードの種類で悪いイメージを持たれることもあるのです。
ライフカードビジネスも年会費無料ですが、こちらもそれほどステータスはありません。

ステータス性の高い法人カードを希望するなら、ゴールドカード以上が良いでしょう。
一般クラスの法人カードでは、ステータスを感じることは難しいです。

おすすめの法人カードは、JCB法人カード一般です。
銀行系のJCBカードのプロパー法人カードなので、信販系などの法人カードよりもステータス性はあります。
そしてJCB法人カードは、一般クラス、ゴールドカード、プラチナカード…と、ランクアップすることができます。
まずはJCB法人カード一般で、利用実績を積みましょう。
クレジットカード会社に信用がつき、ゴールドカードやプラチナカードを発行しやすくなります。
法人カードはプラチナカードが最高水準となりますので、一番ステータスがある法人カードを取得できるチャンスが広がるでしょう。
JCB法人カード一般は、年会費1,250円(税別)となります。

ゴールドカードクラスの法人カードでは、EX Gold for Biz iD×QUICPayやオリコビジネスカードGoldなどがおすすめです。
2,000円(税別)という格安の年会費で、ゴールドクラスの法人カードを持つことができます。
一般的なゴールドの法人カードは、年会費が10,000円くらいしてしまいます。
それに比べると非常に年会費負担が少なくお得です。

年会費はいくらでも良いのでステータスが高くどこで使っても恥ずかしくない法人カードが欲しいなら、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードが良いでしょう。
年会費は31,000円(税別)です。

■年会費無料法人カードは審査に通りやすい

年会費無料の法人カードは、デメリットばかりではありません。
年会費負担が少ないというだけでなく、審査に通りやすいという特徴があります。
法人カードは審査が厳しく敷居が高い…という場合でも、発行できる可能性があるのです。

開業から3年以上経過している、2期以上の黒字経営であるといった条件をクリアしないと、申込みができない法人カードは多いです。
しかしこの条件をクリアするのは、意外と難しいものです。
業歴は年数が経過すればクリアできますが、2期以上の黒字がどうしても無理…というケースもあります。
それほど業績が悪いわけではありませんが、税金対策として書類上は赤字という場合もあります。
なので法人カードを発行できない…と思ってる経営者は、非常に多いのです。

年会費無料法人カードは、業歴が短くても、赤字経営でも発行しやすくなっています。
年会費無料のビジネクスト法人カードも、ライフカードビジネスも、利用限度額100万円以下なら決算書や確定申告書の提出は必要ありません。
つまり黒字でも赤字でも、発行しやすいクレジットカードなのです。
赤字だから法人カードは無理…と、あきらめなくても良いのはありがたいですね。

法人カードの審査を通るために、あった方がよいもの

・固定電話
携帯のみで事業を行っていると、法人カードの審査には落ちやすいです。
固定電話は実在する法人であることの証拠となります。
また固定電話はカンタンに番号を変えるのが難しいので、連絡がつかなくなる可能性が低いです。
携帯電話番号を変更し連絡が付かなくなると、貸し倒れになるリスクが高くなってしまいます。
そのため固定電話がないと、発行できない法人カードが多いのです。

・自社ホームページ
法人カードを発行するには、どのような業種なのか、資本金はいくらなのか、設立年数は何年なのかといった申込者の情報が必要になります。
それを確認できるのが、ホームページです。
凝ったものではなくカンタンなもので良いので、ホームページを用意しておくことをおすすめします。

・法人口座
法人の場合は法人カードの決済には、法人口座を使用します。
法人カードの発行には、法人口座は必須とも言えるでしょう。
法人口座の新規開設は審査が厳しくなっており、断られることも少なくはありません。
一度申込をしてダメだったからとあきらめず、いくつかの金融機関に開設申込をしてみましょう。
事業所に最寄りの支店で、開設をするのがおすすめです。

■開業3年未満におすすめ法人カード

法人カードには「開業から3年以上」という発行基準があります。
開業間もない状態で申込みをしても、門前払いとなってしまう法人カードもあるのだとか。
開業してそれほど経過していない法人にすると、非常に厳しい条件と感じてしまうでしょう。

・外資系を狙うのがおすすめ!
外資系のクレジットカード会社が発行する法人カードは、国内のクレジットカード会社とは審査方法が異なるとされています。
開業から3年以上経過していないと法人としての信用がないため、審査に落ちるのが国内会社発行の法人カードです。
しかし外資系の法人カードは、法人としてよりも代表者個人の信用を重視した審査を行います。
なので代表者が優良なクレヒスをもっており、年収もそれなりあれば、開業間もなくても法人カードを発行しやすくなっておりおすすめなのです。

・比較的新しい法人カードがおすすめ!
発行年数が古く歴史がある法人カードは、昔ながらの審査を行う傾向にあります。
開業から3年以上だけでなく、2期以上の黒字経営といった条件もクリアしなければ、発行が難しくなってしまいます。
しかし比較的新しい法人カードは、昔ながらの審査方法にとらわれないのでおすすめです。
開業間もなくても返済能力さえあれば、審査に通過しやすくなっているのです。

・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
外資系となるアメックスは、開業1年未満でも発行しやすい法人カードなのでおすすめです。
代表者に高い返済能力があれば、開業年数は関係なく発行されるのです。
発行当初は利用限度額を抑えての発行となることが多いようですが、発行後の利用状況が良ければ限度額の引き上げは可能です。
年会費が31,000円(税別)とやや高めですが、開業間もないならおすすめの法人カードです。

・EX Gold for Biz iD×QUICPay
開業間もなくても発行しやすい、おすすめの法人カードです。
ゴールドカードなので審査が厳しいと感じますが、実際はそれほど厳しくはありません。
開業間もない場合、赤字経営の場合でも、発行に至りやすい法人カードとなっています。
提出が必要なのは代表者の本人が確認できる書類のみ。
法人である証拠となる書類や決算書などが必要ない時点で、審査はそれほど厳しくなと言えるでしょう。
審査に自信がない方には、おすすめの法人カードです。
ゴールドカードクラスながら、年会費が2,000円(税別)と格安なのもおすすめです。

■キャッシングにおすすめ法人カード

あると便利なのが、キャッシングができる法人カードです。
ちょっと資金が足りない…というときに、さっと現金を借りられると便利です。
もしものときのために、キャッシングが付帯する法人カードを発行しておくのはおすすめです。

・キャッシング可能は少ない!
法人カードはいくつかありますが、キャッシングが付帯しているものはごく一部しかありません。
個人向けのクレジットカードにはほとんどで付帯できるのに、不思議ですよね。
法人カードでキャッシングができないのは、キャッシングは個人向けのサービスであるためです。
消費者金融などのキャッシングも、使途は何でも良いとされていますが事業性だけはNGとされています。
事業用として現金を借りたい場合は、ビジネスローンを利用しなければならないのです。
また事業用の資金とされると、利用金額が高くなる可能性が高いです。
そうなると貸し倒れリスクが高なりますので、法人カードにキャッシングを付けたくない…となってしまうのです。

・金利に注意!
法人カードでのキャッシングは便利ではありますが、無計画に借りるのはおすすめしません。
キャッシングをすると、利息がかかるためです。
法人カードのキャッシング金利は、それほど低くはありません。
消費者金融と同じ程度となりますので、たくさん借りると利息負担が大きくなってしまうのです。
どうしても必要な時だけ借りるのがおすすめです。

・P-one Business MasterCard
法人カードでは珍しく、キャッシングが可能となっているのでおすすめです。
個人事業主だけでなく、法人単位でもキャッシング可能なのはこの法人カードくらいかもしれません。
キャッシング枠は最高300万円となり、まとまった金額を借りることも可能です。
しかもショッピング枠と合計して300万円ではなく、ショッピング枠とは別に最高300万円となっています。
年会費は初年度無料、翌年度より2,000円(税別)。
年間1度でも利用をすれば、翌年度の年会費が無料になるサービスがあります。

・EX Gold for Biz S iD×QUICPay
10万円~100万円までのキャッシング枠を付帯できる法人カードです。
ちょっと借りたいときにはおすすめでしょう。
キャッシングができるのは、個人事業主向けのEX Gold for Biz S iD×QUICPayのみ。
法人向けとなるEX Gold for Biz M iD×QUICPayでは、キャッシングは出来ませんので注意してください。
年会費は初年度無料、翌年度より2,000円(税別)です。