審査が甘いと噂の法人カード

■ライフカードビジネス

ライフカードビジネスは、審査に通りやすい法人カードの一つです。
初めての法人カードとしてもおすすめです。

・申込基準
個人事業主または法人

・国際ブランド
VISA、マスターカード、JCB

・設立年数
設立年数にかかわらず、申込みができる法人カードです。
設立年数が3年未満だからと、審査に落とされることはありません。

・決算状況
ライフカードビジネスは赤字経営でも申し込みが可能です。
利用限度額が100万円以下であれば、決算書や確定申告書の提出無しで発行ができます。
代表者の本人確認書類があれば良いので、個人のクレジットカードと同じような感覚で申込みができます。
2期以上の黒字でなくても発行がしやすい法人カードですので、赤字経営なんだけど…というケースでもおすすめです。

・年会費
法人カードでは貴重な、永年年会費無料です。
追加カードも年会費無料、ETCカードも年会費無料、発行手数料無料です。
年会費無料のクレジットカードは、審査に通りやすいと言われています。
これは法人カードにもあてはまるようですね。

・ポイントはつかない
法人カードでもポイントをためることはできますが、ライフカードビジネスはポイントの付与がありません。
いくら使ってもポイントはたまりませんので、ポイントで経費を削減する…といったことはできません。

・ゴールドカードもおすすめ
ライフカードビジネスには、ゴールドカードがあります。
ワンランク上のサービスを期待するなら、ゴールドがおすすめです。
空港ラウンジ、海外旅行保険、国内旅行保険、シートベルト損害保険などが付帯し、1,000円に1.0ポイントの付与もあります。
ライフカードビジネスにくらべるとやや審査は厳しめとはなりますが、それでもゴールドカードと思えば審査通過はしやすい方でしょう。
ゴールドカードでも利用限度額100万円以下なら決算書の提出は不要ですし、経営年数関係なく申込ができます。

ライフカードビジネスは年会費無料なので、サブの法人カードとしても良いでしょう。
メインの法人カードの利用限度額がいっぱいになってしまったり、破損してしまったりして、使えなくなる可能性はあります。
そのときにまったく法人カードが使えない…となると、困ってしまうでしょう。
すべて現金で支払いをしなければならず、資金繰りが苦しくなるかもしれません。
そこで役に立つのが、サブの法人カードです。
予備として持っていれば、法人カードが使えない!とならずにすみます。

■アメックスビジネスゴールド

法人代表者や個人事業主におすすめなのが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。
アメックスは審査が厳しいのですが、意外と審査にに通りやすい法人カードです。

・申込基準
法人または個人事業主

・国際ブランド
アメックス

・設立年数
設立年数は1年未満でも審査に通過しやすい法人カードです。
実際に設立間もない多くの法人代表者などが、発行できています。

・決算状況
設立1年未満でも審査通過できるということは、赤字決算でも発行できる可能性があります。
設立間もなくで、黒字経営というケースはまれだからです。
ただし赤字であっても、代表者に十分な返済能力がある必要があります。
代表者の収入が低いといった場合は、審査に落ちやすくなってしまいます。

・年会費
31,000円(税別)、家族カードは12,000円(税別)となります。
初年度無料になるキャンペーンを行っているときは、31,000円が無料になるわけですからお得ですね。
ETCカードの年会費は500円(税別)ですが、年に1度でも利用することで年会費無料となります。
ETCカードの発行手数料は無料です。

・ポイント
基本的に100円に1ポイントがたまります。
還元率は約0.4%です。
年間3,000円(税別)でメンバーシップ・リワード・プラスに登録をすれば、マイルなどへの交換レートが上がります。
またポイント有効期限が無期限になる特典もあります。
有料とはなりますが、マイルをためて出張旅費を節約したいならおすすめの法人カードです。

・サービスは充実
空港ラウンジ利用、最高1億円の海外旅行保険、最高5,000万円の国内旅行保険、手荷物宅配サービス、エアポート送迎サービス、キャンセルプロテクションなど、他の法人カードでは味わえないようなサービスが多々付帯するのが特徴です。
出張に役立つサービスも多く、価値の高い法人カードと言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、個人事業主には人気の高い法人カードです。
ステータスが高いだけでなく、審査に通りやすいためです。
開業してまだ間もない場合は、申込みをしても門前払いとなる法人カードもあります。
しかしアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、開業間もなくても審査に通りやすいです。
これは大きな魅力となっているのです。
年会費が高めではありますが、利用するサービスが多ければ元は取れるでしょう。

■EX Gold for Biz

EX Gold for Biz iD×QUICPayは、開業間もなくても発行しやすい法人カードとして人気があります。

・申込基準
法人代表者または個人事業主

・国際ブランド
VISA、マスターカード

・設立年数
開業1年未満でも審査に通過しやすい法人カードです。
口コミを見ると「開業3か月でダメ元で申込みをしたら審査通過できた」といったケースもありました。
設立年数を重視した審査はしない法人カードと思われます。

・決算状況
審査を通過するには黒字経営の方が望ましいですが、必ずしも黒字でなければならない…ということはないようです。
開業して間もなくでも審査通過できていますので、赤字でも発行できる可能性はあるでしょう。
EX Gold for Biz iD×QUICPayは、法人代表者や個人事業主の本人確認書類のみで発行ができます。
法人としての信用よりも代表者の信用が重視された審査が行われていますので、代表者に返済能力があれば審査通過は出来やすいでしょう。

・年会費
初年度無料、翌年度より2,000円(税別)です。
法人向けのEX Gold for Biz M iD×QUICPayは、年会費無料で3枚まで追加カードを発行できます。
ゴールドクラスの法人カードですが、年会費が低いのが特徴と言えるでしょう。
ETCカードは年会費無料、発行手数料無料です。

・ポイント
1,000円に1ポイントがたまり、+20%のポイント加算があります。
還元率は0.6%です。
さらに1年間のカード利用料金によっては、最大還元率を1.1%にまで上げられます。
法人カードのポイント還元率は0.5%程度が多いですから、EX Gold for Biz iD×QUICPayはポイントがたまりやすいでしょう。

・保険が付帯する
最高2,000万円の海外旅行保険、最高1,000万円の国内旅行保険、年間最高100万円のショッピング保険が付帯します。

EX Gold for Biz iD×QUICPayは、手ごろな年会費で発行できるゴールドの法人カードです。
しかも設立年数が1年未満でも審査に通りやすいことから、近年人気が高い法人カードとなっています。
どの法人カードを発行したら良いか迷ったときは、EX Gold for Biz iD×QUICPayはおすすめです。
ただゴールド法人カードではありますが、空港ラウンジ無料利用サービスは付帯していません。
国内の空港ラウンジを利用したい場合は、他の法人カードが良いでしょう。

■JCB法人カード一般

法人カードの定番とされているのが、JCB法人カード一般です。
JCBカードのプロパー法人カードですが、意外と審査は柔軟に行われています。

・申込基準
法人または個人事業主

・国際ブランド
JCB

・設立年数
基本的には3年以上の方が望ましいですが、3年未満でも審査に通過できる法人カードです。
実際に3年未満でも、審査に通過できているケースは少なくはありません。
設立3年未満でも、申込みをしてみる価値はある法人カードです。

・決算状況
黒字経営であることが望ましいです。
できれば2期以上の黒字だと、なお審査に通りやすいです。

・年会費
初年度無料、翌年度より1,250円(税別)です。
追加カードの年会費も1,250円(税別)。
ETCカードは年会費無料、発行手数料無料です。
ETCカードは1枚のJCB法人カードに対し、何枚でも発行することが可能です。
審査に通りさえすれば、無限に発行することもできます。

・ポイント
1,000円に1ポイントがたまります。
還元率は0.5%ですが、使い方によってはより還元率をあげることも可能です。

・審査通過のコツ
JCB法人カード一般の審査に通るには、固定電話が必要と言われています。
どんなに良い条件が揃っていても、固定電話がないだけで審査に落ちてしまうことになるのです。
JCB法人カード一般を発行するには、固定電話は必ずなければなりません。
固定電話は連絡がつきやすいツールですし、実在する法人であることを証明するツールでもあります。
携帯電話のみで用が足りるとしても、固定電話はひいた方が良いでしょう。
また自社のホームページもあると、なお審査に通りやすくなります。
ホームページにより会社概要がわかれば、審査に有利となります。

・キャッシュバック型もあり
JCB法人カード一般には、ポイントがたまるタイプではなくキャッシュバックタイプがあります。
1か月の利用金額により、出張費や交通費がキャッシュバックされます。
月間の利用金額が高ければ、ポイントよりキャッシュバック型の方がお得になることもあります。

JCB法人カード一般は、法人カードのサービスを一通り受けることができます。
年会費も手ごろですので、どんな方にもおすすめの法人カードです。
設立1年程度でも、審査通過できる可能性があるのも嬉しいところです。
ただ固定電話がないと審査落ちする法人カードですので、携帯電話しかない場合は申込みをしてもムダとなってしまう可能性が高いです。

■P-oneビジネスマスターカード

審査に通りやすい法人カードに、P-one Business MasterCardがあります。

・申込基準
法人または個人事業主

・国際ブランド
マスターカード

・設立年数
設立年数3年未満でも、発行が可能な法人カードです。
設立間もなくても申込ができます。

・決算状況
赤字決算でも審査に通りやすい法人カードとして、おすすめなのがP-one Business MasterCardです。
決算状況に関係なく、審査に通ることができるのです。
法人カードは2期以上の黒字経営でなければ、審査に落ちるケースが多いです。
しかしP-one Business MasterCardは、赤字決算でも審査通過できているケースが多いのです。

・年会費
初年度無料、翌年度より2,000円(税別)です。
一般の法人カードとしてはやや高めと感じるかもしれません。
ゴールドクラスの法人カードでも、2,000円程度で持てるものもありますので。
ただP-one Business MasterCardは、年に1度でも利用をすれば翌年度の年会費が無料になります。
実質年会費無料で使える法人カードなのです。
家族カードは5枚まで発行でき、年会費は無条件で無料です。
ETCカードは年会費無料ですが、発行手数料が1,000円(税別)必要になります。

・ポイント
1,000円の利用で2ポイントの付与となります。
還元率は0.6%になり、法人カードとしては高めです。

・キャッシングができる
キャッシングができる法人カードは、現在ほとんどありません。
できたとしても個人事業主向けで、法人で契約ができる法人カードではなかったりします。
しかしP-one Business MasterCardは、キャッシングが可能な法人カードです。
利用限度額は300万円までと高いのも特徴です。
現金が少し足りない…というときには、おすすめの法人カードとなるでしょう。
キャッシングをメインとして、発行しても良いかもしれません。

P-one Business MasterCardは、赤字経営でも審査に通りやすくおすすめです。
それほど経営状態が悪くなくても、税金対策として赤字としているケースもあります。
実は返済能力があるのに、法人カードを発行しないのはもったいありません。
書類上で赤字であっても、審査で返済能力があると判断できれば、発行することができるのです。
しかも実質年会費無料で、ポイントもたまるので、コストパフォーマンスも高い法人カードでしょう。